いつだって旬がある。
山に育まれた
食文化を味わう。
ゆるやかな
自然の時間を
感じる。

400年
山と共に
生きてきた宿

山岳信仰の山として知られる出羽三山。
志津集落は参拝者や山伏たちのお世話をする
関所、のちには宿場として栄えました。

明治時代になると廃仏毀釈運動の影響もあり
参詣者も減少してしまいましたが
現在でも登山やレジャーの山となった
この土地には多くの人々が訪れます。

つたやは歴史のうつろいの中で、
400年の間この土地を訪れてくれる人々を
あたたかく迎えてきました。

そうした山と人、人と人との文化を、
私たちはこれからも守り続けて
いきたいと思います。

お食事

四季折々の味